有料老人ホームを全国に290カ所以上展開している大手介護サービス事業者、ベネッセスタイルケア。保育園や学童保育のサービスを全国展開している、ベネッセのグループ会社ですが、高齢者介護サービス事業にも、力をいれています。

 

ベネッセスタイルケアの中途採用事情~年収、就労環境、etc~

 

近年では、入居型施設の運営に加えて、訪問型・通所型施設、サービス付き高齢者向け住宅の運営にも積極的に取り組んでいます。これらの施設、全てにおいて、人材を募集しているので、求人需要は旺盛です。

 

特に、介護需要の多い都市部における有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅の開発ペースをあげているため、求人にも力を入れており、募集数が多くなっています。選考もスピーディなので、応募すれば、すぐに採用が決まる状況です。

 

募集職種としては、介護スタッフ、看護師、機能訓練員(PT・OT・ST)、ケアマネージャー、サービス提供責任者、受付、清掃スタッフ等、多岐に渡ります。ホーム長や本社勤務の職員を募集する求人もあります。

 

介護スタッフに関しては、無資格者や未経験者でも応募可能となっており、会社として、資格取得を支援しているので、ベネッセに務めれば、日常業務をこなしながら、必要な資格を取得することが出来ます。

 

一方、看護師や機能訓練員については、臨床経験が必須となるケースが多いため、応募条件については、要確認です。(未経験者でも応募可能なケースもあります。)

 

いずれも、応募はホームページの専用フォームから行うことができます。この時点で、書類審査が行われ、通過すれば、説明会・面接と進んでいきます。事前に勤めたいエリアで希望の施設があるかどうか、条件を入力して検索することも出来ます。

 

なお、公式サイトからは、資料請求や希望の施設見学の申し込みも出来るので、ベネッセスタイルケアで働こうかどうか迷っている人は、ぜひ活用してください。

 

ベネッセスタイルケア社員の年収&給与制度・評価制度について

ベネッセスタイルケアで働く社員の年収ですが、介護業界のなかでは、ごく一般的な水準といえる金額になっています。代表的なサンプル例としては、下記のようになります。

 

  • 26歳 介護スタッフ 年収300万円
  • 28歳 介護スタッフ 年収350万円
  • 30歳 介護スタッフ リーダー 年収350万円
  • 34歳 介護スタッフ リーダー 年収500万円
  • 25歳 看護師 年収500万円
  • 36歳 機能訓練員 年収650万円
  • 29歳 施設管理者 年収500万円
  • 37歳 営業 年収690万円

 

基本給に各種手当が付き、プラス、年間2回のボーナスがそれぞれ1ヵ月分、支給されるという給与体系となっています。(介護福祉士、介護支援専門員等、介護関連の資格を保有していれば、資格手当が支給されます。)

 

1年ごとに一律2500円の昇給がありますが、役職につかない限り、これ以上の大きな昇給は望めません。また、管理職になった場合、昇給額は上がりますが、残業手当がつかなくなるので、手取りの収入は、あまり変わらないというケースもあります。

 

その一方、資格手当は充実しているので、会社の研修制度を利用しながら、複数の資格を取得することで、収入アップにつなげているという社員が多いです。ベネッセスタイルケアは、会社として資格取得を奨励しているので、年収をあげるには、最も確実な方法です。

 

なお、ベネッセスタイルケアには、退職金制度があるため、長期で働くことを見越した場合には、恵まれた会社だと言えます。

 

キャリアアップ制度について

ベネッセスタイルケアは事業拡大に伴う人員不足を解消するために、効率的かつ優秀な人材育成・登用を目指し、近年キャリアアップ制度を整備していますが、その内容は非常に充実したものとなっています。

 

C~A等級の3段階の更新研修制度が用意されており、介護に関する基礎知識から始めて、段階的に専門的な知識を身につけることが出来るようになっています。最後の段階となるA等級では、介護福祉士の資格を取得するための研修を受けることも出来ます。

 

また、介護福祉士の資格を取得した後には、より専門的なスキルを習得するための研修や、ホーム長、サービス提供責任者等、管理職になるための研修(リーダー研修)が用意されており、希望に応じて、受講することが出来ます。

 

また、この段階になると、現場から本社勤務へ移ることも可能となるなど、一人一人が、自分が目指すキャリアを追求していくことが出来る体制が整っているので、成長意欲が高い人にとっては、理想的な環境と言えます。

 

中途採用でベネッセスタイルケアに入社する場合、介護業務経験者であれば、入社直後から、管理職や本社勤務を目指す方向で、キャリアアップを進めていくことも出来ます。

 

ただし、キャリアアップ制度は、スタートしてから、まだそれほど時間が経っていない新しい制度なので、現場の管理職のなかには、理解が浅い人もいるので、自分から積極的に意思を伝えることが重要です。

 

就労環境について

ベネッセスタイルケアは、社員同士の風通しが良い会社であり、お互いに様々なことを相談しあえる雰囲気があります。現場で働く社員の感想としても、同期が良い刺激になること、相談出来る仲間がいることなどを、ベネッセスタイルケアで働くメリットとして、挙げている人が少なくありません。

 

新しいアイディアや意見を出せば、積極的に取り上げてもらえたり、新規ホーム立ち上げスタッフとして、施設運営に携わることが出来るため、やりがいを感じる職員も多いです。

 

無資格で入社した場合でも、働くに当たって必要な資格を取得するための支援制度があるため、安心ですし、介護業界で働くために必要となる知識を幅広く身につけられるので、ベネッセスタイルケアで働くことで、どこの会社でも通用するだけの実力を身につけることが出来ます。

 

(介護業界のなかでは、ベネッセスタイルケアで働いていたという経歴は、高い評価につながるので、転職する際には、有力な武器となります。)

 

ただし、本社勤務や営業職の場合、介護スタッフに対するほどの研修環境は望めません。ベネッセスタイルケアは介護の専門性については、実績や信頼性がありますが、営業や広告などの分野については、まだまだなので、個々のスキルに頼る部分が大きいのが実情です。

 

ですから、誰かに教えてもらうという姿勢ではなく、自分から主体的に動いていくという姿勢がないと通用しないと考えてください。

 

ライフワークバランスについて

介護業界はブラックな企業が多いと言われていますが、ベネッセスタイルケアは、極めて健全な会社です。月9日間の公休がありますし、緊急の場合を除いて、休日出勤はありません。夏と冬の休暇や年休も保障されており、計画的に長期の休みを取ることも可能です。

 

また、福利厚生として、契約スポーツ施設、レジャー施設、ホテルなどを優待価格で利用出来るようになっています。(社員であれば、いつでも利用可能です。)

 

注意点としては、制度として休みが保障されていても、施設によっては、休みを取り辛い雰囲気の職場も存在します。そのため、中途で入社する場合には、自分が配属される予定の施設の状況については、事前に確認しておくことをオススメします。

 

また、ベネッセスタイルケアでは、社員間のミーティングや引継ぎを勤務時間外に行うというのが基本のため、残業については、毎日発生すると考えたほうがいいです。(それほど時間がかかるものではないので、残業時間数自体は少ないです。)

 

なお、勤務形態については、介護スタッフはシフト制になりますが、シフトは個人の希望を聞きながら比較的短いスパンで組まれるため、ある程度融通がきくようです。看護師は日勤、機能訓練員は曜日固定の勤務となります。

 

女性の働きやすさについて

介護業界は女性が多い職場のため、女性にとっては働きやすい環境が整っている業種と言えますが、ベネッセスタイルケアについても、それは同様です。仕事内容や昇格・昇進に関して、男女差はありません。

 

女性でも重要な仕事を任されていますし、女性の管理職登用を推進している会社なので、キャリアアップの機会も充実しています。

 

また、子育てをサポートする制度も整備されており、産休、育休はもちろん、時短勤務も可能です。また、小さな子供を持つ人が、時短をとらずに働く場合には、保育手当てが支給されるようになっています。

 

子供が病気になった時などに、利用することが出来る医療補助制度もあるので、このあたりのフォローは手厚いです。(扶養家族が支給対象となります。)

 

また、介護職の場合、夜勤が必須になりますが、子育て期間は夜勤を避けたいということであれば、日勤のみのパートに切り替えて働くことも出来ます。夜勤が可能になった時には、いつでも正社員に復帰出来るので、こうやって勤務形態を変えながら働き続ける人も多いです。

 

ベネッセスタイルケアの転職先としての価値

ベネッセススタイルケアは、社内の雰囲気が良く、非常に働きやすい会社です。休みをしっかりと取れるので、プライベートの時間を確保することが出来ますし、研修制度が充実しているので、キャリアアップを図ることも容易です。

 

これだけ、就労環境が整っている企業は、介護業界のなかでは少ないので、ベネッセスタイルケアは転職先としてオススメです。

 

ただし、あえて難点をあげるとすれば、給与体系については、それほど魅力的なものではないということです。業界標準といえるレベルなので悪くはないのですが、他の大手企業と比較すると、少ないと感じるケースもあるかもしれません。

 

特に、経験豊富な人だと、そういったケースが多いかもしれません。そのため、介護の仕事に携わって長い人、知識・スキルについて自信がある人は、他社の求人と比較検討することをオススメします。

 

介護業界に強い転職会社に問い合わせれば、希望勤務地に存在する求人の内容について、一通り教えてもらえますし、希望年収・条件などを伝えれば、それらの条件に合う求人を抽出して紹介してもらうことも出来ます。

 

自分で探す手間が省けて便利ですし、様々な企業の求人を比較したほうが、より納得がいく形で転職出来るので、是非活用してください。

 

<介護業界に強い転職会社>